インターネット予約

〒463-0808
愛知県名古屋市守山区花咲台一丁目907番地

052-736-8666

診療案内|名古屋市守山区の内科・消化器内科・小児科なら、まつい内科クリニックへ。

診療案内

Mobile Site

内科

風邪や発熱、感染症、喘息から生活習慣病まで、内科疾患一般を幅広く診療します。
「どの科で診察してもらえばいいのか分からない」、「原因がわからないけれど、なんとなく身体の調子が悪い」などのお体に対して不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

生活習慣病

生活習慣病は、食習慣や運動習慣、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症・進行に深く影響します。生活習慣病には、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、肥満などが代表的な症状となります。
生活習慣の改善は生活習慣病の予防につながりますし、かかった後でも治療のポイントになります。自分は大丈夫と過信せずに、生活習慣を改善するための対策をしていきましょう。
当院では、生活習慣病の治療に対して薬物療法だけでなく、管理栄養士による生活指導・食事指導も行っております。

糖尿病

糖尿病とは、インスリンというホルモンの分泌不足し、バランスがコントロール出来ない・ホルモンが上手く作用しなくなるなど、様々な原因で血糖値が高くなる状態が続く病気です。

糖尿病は自覚症状が少ないため、検査で高血糖を指摘されても放置しがちです。高血糖がひどくなると、口渇、多飲、多尿、全身の倦怠感、体重減少などがあります。一度発症すると怖い合併症(網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞、脳卒中など)を起こす恐れがあり、健診で高血糖を指摘されたことがある方は、早めに受診されることをおすすめします。

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。日本人にとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧といわれます。
高血圧も自覚症状が出にくい病気ですが、かなり高くなった時は頭痛やめまい、耳鳴りなどを感じる場合もあります。長期にわたり血圧が高いと心臓に負担がかかり狭心症や心不全に至るので要注意です。また脳出血や、脳梗塞などの誘因にもなります。

治療は運動・食事などの生活習慣の改善が基本ですが薬物治療も行い、しっかりと血圧をコントロールしましょう。高血圧が気になる方は是非ご相談ください。

脂質異常

脂質異常症は、以前は高脂血症ともいわれ、血液中に含まれるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が正常範囲を超えて多い状態のことです。また脂質が低すぎる場合も問題視されるようになり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない状態もふくめ、脂質異常症といいます。

脂質異常症の診断基準

脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まり、血がドロドロの状態になり、動脈硬化を起しやすくなります。これが、心臓で起こると、狭心症や心筋梗塞になり、脳で起こると脳梗塞になり、突然死に至ることもあります。
治療は、常日頃からのしっかりとした生活習慣の改善や内服薬などで脂質をコントロールし動脈硬化を防ぐことです。
健康診断などで「脂質異常症の疑いがある」と指摘された方は、放置せずに早めに受診してください。

  • LDLコレステロール 140mg/dl 以上
  • HDLコレステロール 40mg/dl 未満
  • 中性脂肪(トリグリセリド) 150mg/dl 以上

消化器内科

食道から胃、小腸から大腸までの全消化管、肝臓、すい臓、胆のうなど付随する臓器を含めた消化器全般の病気を診療します。腹痛、食欲不振、だるさ、貧血、痩せている、黄疸、吐血、下血などでお困りの方、健診で異常を指摘された方はお気軽にご相談ください。必要に応じて内視鏡検査、超音波検査などを行い診断します。


【主な疾患】
食道・・・・・逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道癌など
胃・・・・・・急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌など
十二指腸・・・十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープなど
肝臓・・・・・脂肪肝、肝炎(B型・C型など)、肝硬変、肝細胞癌など
胆嚢・・・・・胆石、胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆嚢癌など
膵臓・・・・・膵炎、膵癌など
大腸・・・・・大腸炎、大腸憩室症(憩室炎)、大腸ポリープ、大腸癌など

経鼻内視鏡

内視鏡検査(胃カメラ)とは、先端に高性能カメラがついた細いチューブを口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を観察し、時には治療を行うものです。

当院では患者さまへの負担が少ない経鼻内視鏡を導入しています。嘔吐反射をほとんど誘発しないために楽に検査が受けられます。また、検査中に話をすることも可能です。

詳しくはこちら

大腸内視鏡

検査は肛門から内視鏡を挿入し、盲腸までの大腸と小腸の一部を観察し、病変を見つけるために行います。ポリープなどが見つかり、内視鏡的に処置が可能な状態であれば、直ちに治療を行います。
腹痛、下痢、便秘、血便などの症状がある方や、便潜血検査で陽性となった方は大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。大腸がん、大腸ポリープは近年、増加傾向にあります。早期発見のためには大腸内視鏡検査が大切です。

詳しくはこちら

エコー検査

腹部エコー検査では、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、前立腺、婦人科系など臓器を対象として検査を行っています。がんや胆石、脂肪肝などの発見が可能です。
また、胃や大腸も進行がんや潰瘍、強い炎症などはエコーでも指摘することができ、痛みや苦しさがなく、ベッドサイドですぐに出来るため非常に有効な検査です。

小児科

小児科一般

発熱、咳、鼻水、嘔吐、下痢、流行性の疾患(インフルエンザ、はしか、水疱、おたふく、プール熱、突発性湿疹、溶蓮菌感染症など)など、お子様の一般・身体的疾患について診療を行います。
予防接種や乳児健診、子どもの健康に関して質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

予防接種

子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますので、病気にかからないように守ることが
大切です。
乳幼児のワクチンの接種時期や制度は複雑で、ワクチンによって、接種する年齢や回数などが違います。 予防接種に関してわからないことがございましたら、お気軽にご相談ください。

接種ワクチン

【定期接種ワクチン】

  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 4種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
  • MR(麻疹・風疹)混合ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)
  • 水痘ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン
  • 不活化ポリオワクチン

【任意接種ワクチン】

  • おたふくかぜワクチン
  • ロタウィルスワクチン
  • インフルエンザワクチン
  • B型肝炎ワクチン

*予防接種予診票・母子手帳・診察券・保険証をお持ちください

TOPへ戻る